「ライバルが安いから売れない」のは本当?

PR

絶好の言い訳ですが、もちろん、本当ではありません。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

「ライバルが安いから売れない」と言うのは絶好の言い訳です。

なぜなら、商品が同じなら安い店で買うと考えるのが合理的だからです。

また、ライバルが安いというのは客観的な事実です。突っ込まれる心配もありません。

だから、大企業の社長から個人商店の商店主まで、みんなが売れない言い訳に使っています。

が、しかし。

本気で思っていませんよね?

まさか、あなた、「ライバルが安いから売れない」と本気で思っていますせんよね?

本気で思っているなら問題です。なぜなら、人は価格だけで店を選ぶのでは決してないからです。

ウソだと思います?

もし、そう思うなら価格.comというサイトをのぞいてみてください。
http://kakaku.com/

価格コムは商品ごとに価格の安い順に店が並んでいます。

価格コムが登場したとき、パソコン屋としては恐怖を感じました。

「PCに詳しい(オタク)連中はこれを見て安い店に行ってしまう」と。

そうはならなかった…

でも、そうはならなかったのです

もし、人が価格だけで商品を選ぶのならば下位の店はどんどん潰れているはずです。しかし、そうはなっていません。

価格の高い店が潰れていないと言うことは、人は価格だけで店を選んでいるわけではないという何よりの証拠です。

パソコンオタクのような、情報や商品に精通している連中でさえ、価格だけで店を選んでいないのです。

まして、そうでない普通の人が、価格だけで店を選ぶわけがありません。

価格は、店を選ぶ、数ある選択肢の一つですが、すべてではないのです。

本当の問題を放置していませんか?

あなたの店が売れないのは本当にライバルが安いからですか?

価格のせいにして、本当の問題を放置しているのではありませんか?

売れない店の問題は99%、店作りの基本ができていないことにあります。

あなたのお店、店作りの基本はできていますか?

「店作りの基本って何?」という人はこちらで学んでください。

■ やることをやっても売れない理由とは?

あなたお店が売れないのは、この秘密を知らないからかも?

あなたの店を最短で売上アップできる5つのステップ

PR

おすすめ記事

PR

関連記事