安売りに適した商品とは?

おはようございます、小宮です。

私は常々「安くしてお客様が集まるならカッコ付けてないで安売りすればいい」と言っています。

お客様が来ないと悩んでいるくらいならね。

ただ、安売りを舐めちゃいけません。

よく「安売りはバカでもできる」と言います。

冗談言っちゃあいけません。

バカが安売りしたら破綻するだけです。

安売りには高度なマネージメントが必要なのです。

安売りを舐めている店に限って意味のない安売りをしがちです。

意味のない安売りとは、メリットのない安売りのことです。

安売りすると粗利が削られます。

粗利を削っても得られるメリットがあるから安売りするわけです。

そうでなければ安売りをする意味はありません。

では、粗利を削っても得られるメリットとは何でしょうか?

一つは薄利多売によるメリットです。

粗利を削っても、より多くのお客様に売ることで儲けを確保する方法です。

ただし、大量に販売できる商品とシステムが必要です。

システムとは、欠品を起こさない物流システム、大量仕入ができるバイイング、値引きを引き出す支払能力(現金払いなど)、それを裏付ける資金調達力などです。

残念ながらこれらについて現場でできることはありません。

大量に販売できる商品とシステムがない場合、薄利多売と言う選択はあり得ません。

もう一つは集客のメリットです。

たとえば、粗利を削ってもメリットがある商品に、お客様が価格に敏感な商品が挙げられます。

価格に敏感な商品とは、購買頻度が高く、必要だから買う商品で、価格の差による違いがわかりにくい商品です。

お客様が相場をよく知っている商品でもあります。

お客様が「どれを買っても同じ」と思っているので「だったら安いのを」買う商品です。

このような商品を安売りすると多くのお客様を来店させることができます。

つまり、集客というメリットがあるから粗利を削ってでも安売りするわけです。

逆に言うと、価格に敏感でない商品を安売りするメリットはないと言うことです。

安売りするなら価格に敏感な商品を安売りしましょう。

もっとも、コレも基本なんですけどね。

店作りの基本を学びたいならこのブログと1年間メルマガを読めばわかります。

そんな面倒なことはイヤというならこちらをどうぞ。


■ あなたの店を最短で売上アップできる5つのステップとは?

今スグチェックする

PR

関連記事