失敗を認めないと次に進めない法則

PR

おはようございます、小宮です。

失敗したときは下手な言い訳をしないで失敗を認めた方がいいです。

組織の中で生き残りたいなら安易に失敗を認めてはいけません。

私はあなたに「失敗の責任を取れ」なんて言いたいのではありません。

私が言いたいのは、失敗を認めた方が次の手を打ちやすいと言うことです。

あなたのお店、改装したことはありますか?

で、その改装は成功しましたか?

失礼、答えはわかっていてわざと聞きました。

もちろん、成功しましたよね。

売場改装は決して失敗しないからです。

どうして売場改装は失敗しないのか?

「誰も失敗を認めないから」です。

なぜなら、どうなったら売場改装が成功したのかを決めてないからです。私がいた2つの会社はもちろん、コレまで関わった会社さん、すべてそうでした。

「売上が上がったら成功だろ?」

いいえ、売上には逃げ道があります。

普通、会社を挙げて改装するときは改装セールが行なわれます。ぶっちゃけ、改装セールで売れなかったら商売を辞めた方がいいレベルです。

改装セールで売れるのは当たり前、でも、それで改装が成功したと言えるでしょうか?

言えないですよね。

アクションを起こすときは、逃げ道のない評価基準を作っておくべきです。

なぜなら、失敗を認めないと次に進めないから。

改装の成否は、改装前の四半期と、改装セール後の四半期で、売上、または粗利が4%以上伸びているかで判断すべきでしょう。

たとえば、改装して売上が落ちた場合、前の売場の方が良かったと言うことです。

では、前の売場のどこが良かったのか?と比較することで次のアクションが起こせます。

前よりも、今よりも、より良い売場を作ることができます。

わざわざ会議で「失敗しました」なんて言わなくてもいいです。

ただ、あなたの心の中でこっそり認めるだけいいです。

失敗を認めるだけで次に進めます。

ところで、改装セールにはやり方があります。あなたは改装セールの正しいやり方を知っていますか?

知らない人、また、改めて学びたい人は10月28日のメールマガジンを読んでください。

小宮のメールマガジンに登録はお済みですか?

メールマガジンの登録がまだの方はこちらから登録して下さい。

なぜ、あの店は売れて、自分の店は売れないのか?

同じことをやっているのに、なぜ?
もし、あなたがそう感じるなら……

それはあなたが、売上を作る暗黙の了解を知らないせいかもしれません。


お金を掛けず、
3ヶ月以内に、
5~30%
売上アップできる方法

知りたい人は店長養成講座10日間メールセミナーで。
無料で受講できます。

今スグチェックする

PR

おすすめの記事