安売りするなら真面目にやりなさい

PR

おはようございます、小宮です。

私は、安売りしてお客が集まるならカッコ付けずにやればいいと思います。

お客が来ないと嘆くくらいなら。

ただ、安売りするなら「真面目にやれ」と言いたいですね。

ココで言う「安売り」とは、私がよく言う「価格以上の価値を売る=安売り」ではありません。

いわゆる値引き販売のことです。

値引き販売に慣れていない店はものすごく雑な売り方をしていることが多いです。

あまりの雑さに愕然とするくらいです。

あなたの店では値下げするときどうしていますか?

値札を書き換える?

まさかそれだけ?

それで安売りしているつもりだったら安売りを舐めすぎです。

「もっと真面目にやれ!」と言いたいです。

値札を書き換えるだけで売れたら誰も苦労しませんわ。

いや、値札を書き換えるだけで売る方法もありますね。

1円とかなら書き換えるだけでも売れるでしょう。

しかし、500円が400円に書き換わったくらいでは、なかなか違いには気づかないモノです。

では、真面目に安売りするにはどうすればいいのでしょうか?

値下げしたことをお客に伝えましょう。

最低でも「値下げしました!」とPOPを付けましょう。

ちなみに、「○月×日より値下げ!」と書く方がメンテナンスしやすいのでお勧めです。

「値下げしました!」だけだと1ヶ月も付けっぱなしってことありますからね。

次のステップは、値下げした理由を書くことです。

たとえば

  • セールのためなら「○○セール中につき値下げ」
  • ライバル店の価格に合わせるためなら「他店対抗のため」
  • 商品を試してもらうためには「お試しのため」
  • 在庫整理のためなら「在庫処分のため」

と言う具合に。

そして、安売りと限定はセットにしましょう。

「いつでも安く買える」とお客に思わせてはいけません。

そもそも、そんなことは不可能なのですから。

あなたのお店、真面目に安売りしていますか?

■ 7日以内に売上アップ!10日間メールセミナー

こちらの無料メルマガに登録してください。

PR

おすすめ記事

PR

関連記事