スポンサーリンク

店作りの3大要素

スポンサーリンク

おはようございます、小宮です。

店作りには3つの大きな要素があります。

その3つの要素はかけ算です。

一つでもゼロがあると、すべてゼロになるのが店作りです。

そんな店作りの3大要素とは?

店=商品×売場×人

一つ目の商品は、「どのような商品を品揃えするか?」と言うことです。

売場には限界があります。

市場にあるすべての商品を扱うことはできません。

だから、どんな商品を提供するかが店の個性、ウリになります。

二つ目の売場とは、「どのような売場を作るか?」と言うことです。

売場は商品を魅せる場所です。

だから、どのような売場を作るか?とは、商品をどのように見せるか?と言うことです。

ただ、現代の売場作りで忘れてはいけないことがあります。

それは、お客にとって居心地のいい場所にすることです。

商品を買うだけならネット通販で用は足りるんです。

私たちリアルな店の人間はこの事実から逃げてはいけません。

現代の売場には商品を魅せる以上の工夫が必要です。

最後は人。

人とは、個人の接客力、販売力のことです。

ぶっちゃけ、店は人です。

同じ商品、同じ売場を展開する量販店で大きな差が付くのは、結局は人です。

ただし、間違えないで下さい。

接客マナーが良くても、買いたくない商品、居心地の悪い売場では売れません。

気のいいおばちゃんの肉屋でも、鮮度が悪かったら売れないんです。

店作りは、商品、売場、人のかけ算です。

とは言っても、全部同時に力を入れるのは難しいです。

私がお勧めする優先順位は、売場、商品、人です。

「売場」で販売力を磨き、「商品」力を高めて集客し、結果が出てから「人」と言うのがいいと思います。

「人」は言葉だけじゃ動かせないですから。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント

  1. ある小売店の店長 より:

    なんだか、とても共感です!
    売り場が面白そうじゃなければ入ってこないので商品を見てもらえないですし、商品を見てもらえるようになれば、人ヂカラが必要になりますから。
    移転して、とても感じます!

  2. 小宮秀一 小宮 秀一 より:

    ある小売店の店長さん、共感していただき、ありがとうございます。

    そう言えば、移転はうまくいったのでしょうか?

    まあ、ある小売店の店長さんなら大丈夫でしょうけど。