セールスの仕事を経験して良かったコト

PR

おはようございます、小宮です。

セールスの仕事を経験しておいて良かったと思うことがあります。

それは、物事のプラスとマイナスの両面を見られるようになったことです。

ほとんどのセールスマンは、他人が用意した商品を売っています。

商品を仕入れて売る店は、仕入れる人と売る人は別ですし、自社で商品を作る店も作る人と売る人は別です。

セールスマンの元には「誰が売れると思ったんだろう?」と言う商品が廻ってくることが多々あります。

幸か不幸か、セールスマンには選択の余地はありません。与えられた商品を売るしかないのです。

たとえ「誰が売れると思ったんだろう?」と言う商品でも、良いところを探して売らなければならないのです。

で、探してみると「これは売れない」という商品でも良いところはあるモノです。

それは、欠点と表と裏の関係だったりすることが多いんですね。

たとえば、価格が高いというとマイナスですが、贅沢な品と言えばプラスになるように。

だから、マイナスな環境にある人には自信を持ってアドバイスできます。

「あなたのスグ側に必ずプラスなことがあるはずです。諦めずに探してください」と。

評価される店長と評価されない店長
たった一つの違いとは?

その理由を知りたい人はココをクリック

お金を掛けず、
3ヶ月以内に、
5~30%
売上アップできる方法

知りたい人は店長養成講座10日間メールセミナーで。無料で受講できます。

今スグチェックする

PR

おすすめの記事

PR
         小宮秀一   
  セールス