スポンサーリンク

セット販売が失敗する2つの理由

「セットで売っても売れない」って本当ですか?

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

私はセット販売には成功体験しかありません。

売上に困るとセット販売に頼っていました。

やれば売れるはずのセット販売ですが、それでも稀に「セットで売っても売れない」という指摘を頂くことがあります。

そういう方にお答えします。

セット販売が失敗する理由は2つあります。

価値のないセット

一つは新しい価値を生み出さない組み合わせであることです。

商品は他の商品と一緒に使うことで新しい価値が生まれます。

それをお客様に伝えるのがセット販売です。

しかし、人気商品と不良在庫の組み合わせでは新しい価値は生まれません。たとえば、ゲーム機といわゆるクソゲー(つまらないゲームのこと)のセット販売とか。

こういうのは新しい価値を生み出さないだけでなく、お客様から反感を買います。

店としては不良在庫を処分したいのでしょう。しかし、不良在庫は減った。顧客も減ったとなるのは本意ではないはずです。

店にとって本当に恐ろしいのはどっち?

そう考えたら決してやるべきことではありません。

取引先に強要されたら?

ただ、店としてはやるつもりがなくても、取引先に強要されることがあります。

その場合は、公正取引委員会に通報しましょう。スグに止まりますからお試しください。

セットで買う意味がない

もう一つは、セットで買う意味がないことです。

たとえば、ヨーグルトやプリンはメーカーが4個パックなどを作っています。しかし、コレはセット販売ではありません。

なぜなら、セット販売とは、「セットで買うとこんなメリットがあります」と訴えることだからです。

このメッセージを発信できないと、セット販売ではなく、ただのセット商品でしかないです。

1個買っても4個買っても価値が同じならセットで買おうとは思わないです。

それでは大した売上にならないのは当然と言えるでしょう。

セットで売るなら…

・価値のあるセット
・買う意味があるセット

セット販売がうまく行かない時はこの2つをチェックしてください。

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

タイトルとURLをコピーしました